人気コスメランキング

人気コスメランキング、私の勝手なコスメランキングです。コスメだけでなく女子力UP情報なども書いてます。
 

コスメ

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションを使ったことがありますか?
このパウダーファンデーションはなんと石鹸で落とせるそうなのですが、
それだけで大丈夫ですかね。

ファーンデーション自体、カバー力もあって、
それひとつで日焼け止めなども必要ないらしいですが、
そんなに効果のあるものが石鹸だけで落とせるのでしょうか、少し心配です。

メイクの洗い残りは肌にいろんな影響があります。
一番よくないのは毛穴に汚れが溜まっていき目立ってきてしまいます。

しかもトゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションは
微粒子パウダーでシミなども綺麗に隠せるとのことですが、
余計に石鹸で落とせる可能は少なくなりますよね。

ファンデーション自体の効果はとても良さそうですが、
石鹸で落とせるというのは少し過大な表現ではないでしょうか。

もしそれが本当ならぜひ使ってみたいものですが、
どうしてもクレンジングの習慣があると不安になってしまいますよね。


エスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークアップ

リキッドファンデーションは色選びがとても難しいです。
サンプルを手の甲に塗ったりして肌の色と比べますが、
実際顔に塗ると色が合わないことが良くあります。

その中でもエスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークアップ は
色の種類が豊富で必ず自分に合った色が見つけられます。

個人的にエスティローダが好きなので、
ファンデーション以外にもつかっているコスメはありますが好きなブランドの一つです。


スキンケアもそうですが、ポイントメーク用のコスメも
カラーとかがとても綺麗なのでシャドーも愛用して使っています。

エスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークアップ は
普段ではもったいないので、出かける時のメイクで使っていますが、
薄くのばしてつけても、しみのカバー力は他の商品とは比べ物になりません。

アイテムごとに好きなブランドを使い分けする人も多いですが、
私はエスティローダのコスメは全般的に愛用しています。

イヴサンローラン ラディアントタッチ

コンシーラーは1本あるととても便利ですよね。
シミを隠すだけでなく、肌の色をトーンアップさせたいときに
部分的につけるととても効果がありファンデーションだけではできないことです。

このコンシーラーは値段によってかなりの差がありますので、
あまり安いものを使わないほうが良いと思います。

極端な例では、100円ショップのコンシーラーは
なんども重ね塗りをしないとまったくカバー力がありませんし、
肌が荒れてしまうこともよくあります。

ブランド品のものを使えば伸びもいいですし、カバー力には間違いありません。

イヴサンローラン ラディアントタッチ という昔からあるコンシーラーですが、
いまだに愛用者がとても多くて年齢層も幅広く使われています。


並行輸入品だと値段も安く買えますからお得だと思いますよ。

1本あればしばらく使うことが出来ますので、
メイクの必需品ですので効果のあるものを使ってください。

良いものは一日中カバー力が続きます。

旅行用コスメ

旅行に行くときの荷物のつめ方ですが、
女性の場合化粧品を持っていかなければなりません。

その化粧品ですが、リップやマスカラなどはそのまま持ち歩けますけれども、
化粧水やクレンジングはトラベル用の小さいボトルに入れ替えて持って行きますか?

旅行の長さにもよりますが、1泊の温泉旅行で、
わざわざ小さいボトルに入れ替えて化粧品を持っていくの面倒くさくありませんか?

大雑把な性格なので、私は化粧水丸ごと1本持っていってしまいます。
クレンジングも洗顔石鹸も丸ごと持って行きます。
旅行の荷物をコンパクトにまとめてくる人を尊敬します。

化粧品は荷物もかさばりますし、サンプルの化粧品などは旅行にもって行くにはちょうど良いので、
よく集めています。でも最近では温泉もそうですが、
アメニティがけっこうしかっり用意されていますし、
コスメもほとんど自分で持っていかなくても大丈夫です。

化粧品なくては旅行にはいけませんから、
必需品だといえます。

ヘアーカラーの選び方

自分に合うヘアーカラーを探すのは意外と難しいです。
希望のカラーと実際に自分に合うカラーは違う場合が多いです。

まずは髪質で選ぶ場合、太くて硬い髪質にはオレンジ、レッド系が染まりやすいです。
逆に細くて量の少ない髪にはライトブラウンやアッシュ系のカラーがいいです。

あと自分の肌に合わせた色選びも大切です。
肌の黒い人にはレッド、オレンジ。色白の人にはアッシュ系、ライト系が似合います。

カラーリングする際に気をつけなければならないのは色の種類もそうですが、
色の濃さもポイントになります。

明るすぎた場合は濃い目の色に染め直すことはできますが、
黒くしすぎたときには明るくするのが結構難しい場合があります。

どれにせよ、失敗して何度もカラーリングして髪を傷めることがないように、
色を慎重に選ぶことが大切です。

まずは自分にあうカラーで染めてみてから、
いろんな変化に挑戦してみると良いですし、
髪型と合わせたカラーにしておくのも大切です。

楽天市場
  • ライブドアブログ